MRIサンプル画像

↓通常ルーチンの撮像例:最適な画質、最適な撮像時間で日常検査を進めることが可能です。
T2W  TSE/SEIR−TSE
FLAIRT2W  FFE
造影MRA(CENTRA使用)(腹部)

3D FFE Proset(膝蓋骨部)
水のみを選択的に励起する手法で撮像、軟骨と関節液のコントラストを明瞭に描出。
Dual echo TSE image (肝臓)
T2W TSE DRIVE
TRを縮小して、T2撮像を得ます。
B−TFE IAC
聴神経の撮像に有用です。
CHARM
マルチスラブ撮像で、スラブ間の描出をスムーズにします。
TSEーDRIVE(手根骨)B−TFEを用いた高分解能画像(肩関節)
(3D)ボリュームレンダリング↓
LAD+LMTRCALCX
↓Curved MIP
Small Bowel Imaging(腸管)Hi−Resolution 3D/FFE with ProSet(脊髄)
MR−Urography3D Drive MRCP
CE−MRA with CENTRA (頚部)Fat−sat with SPIR (足趾)
FOVA 53cm(全脊椎)
頸椎・胸椎・腰椎を1スキャンで撮像。広範囲の磁場を均一に保っているため、感度ムラのない全脊椎撮像が可能です。