千葉県野田市:小張総合病院・小張総合クリニック
 
個人情報保護方針 サイトマップ
ホーム
診療案内・診療科紹介
小張総合病院
小張総合クリニック
診療担当医表
休診・代診情報
教室・講座のご案内
検診のご案内
入院のご案内
診療部門紹介
チーム医療
診療実績
病院からのお知らせ
交通案内
ご意見・お問い合せ
求人案内
リンク
人間ドック・健診のご案内
地域医療連携

(財)日本医療機能評価機構
(財)日本医療機能評価機構
認定病院
ごあいさつ



理事長就任挨拶
  圭春会 理事長 小張力


 この度、小張淑男 前理事長のあとを受け継ぎまして、平成28年4月1日付で理事長に就任いたしました。誠に身の引き締まる思いであります。皆様方のお力添えを賜りながら、誠心誠意、職務に取り組み、更なる地域医療の発展に全力を尽くす決意でございます。前理事長の遺志を継承しつつ、病院の理念を常に念頭に置き、地域医療に貢献するためスタッフ一同お互い協力しながら個々の力を高めて職務に励んで参りますので、今まで同様、皆様方のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。以上、簡単ではございますが、就任のあいさつとさせて頂きます。
-----------------------------------------------
 地域医療の一層の向上と充実を目指して発足いたしました当院も、多くの皆様のご支援を賜りながら、24時間の二次救急医療体制の確立と新看護体制の充実など、職員一同の懸命な努力によって地域に根ざした医療活動を展開できるまでに至り、多少なりとも地域の皆様のお役に立てたことは喜ばしいかぎりであります。この間、時代に即応した最新の医療機器の導入や、優秀な診療スタッフを揃えてまいりましたが、どんなときでも最も大切なのは「心の医療」の実践ではないかと考えております。患者さんと医療に携わるすべての職員が心温まる豊かな人間関係を築き、今後も医療活動を通じ皆様の生命という、いちばん大切な財産を守り続けて参りたいと考えております。基本理念である「地域に密着した心の医療の実践」を胸に、救急医療から予防医学、周産期から高齢者福祉まで、職員一丸となって尚一層努力していく所存であります。何卒皆様の変わらぬご指導、ご支援、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。
院長 二宮浩樹

ご挨拶
  小張総合病院 院長 二宮浩樹


 平成28年度を迎え、ご挨拶を申し上げます。小張総合病院は「地域に密着した心の医療の実践」を基本理念として、国道16号線に面する横内の地でオープンして今年で32年目となります。徐々にその機能を増やし、現在は350床の急性期総合病院に成長し、皆様のお役に立てるよう日々活動しています。その活動についてご説明いたします。

@ 救急医療への対応
 当院は野田市を中心として東葛北部及び周辺地域である埼玉県、茨城県をカバーしています。平成27年度は、約4,000台以上の救急車を受け入れており、救急外来を受診する患者様は年間約20,000人に上ります。「医の原点は救急にあり」を病院のモットーとして、この地域の基幹病院としての責任を果たしてまいりました。
 救急医療は、迅速な診療、検査、判断が必要であり、その整備には多くの医療スタッフの努力が必要です。当院では、現在研修医1-2名を含め、休日夜間でも6-7名の医師、3名の看護師、薬剤師、放射線技師、検査技師、2名の事務員及び警備のスタッフが控えており、皆様の危急の際に備えています.急性疾患や、緊急対応が必要な疾患に対して、的確な治療を迅速に開始できるよう、より一層の努力を行ってまいります。

A 高齢者社会への対応
 65歳以上の高齢者は、平成25年には3,186万人(総務省統計局による)で、総人口に占める割合は25%となり、過去最高となりました。そして、75歳以上は18%、80歳以上は7%を占めています。このような急激な高齢者社会の出現により、当院の患者様年齢もぐっと高齢化にシフトしています。患者様の高齢化には、近隣地域における老人保健施設(介護保険施設、特別養護老人ホーム、グループホーム等)の急激な増加も強く影響しています。施設から、救急車等による救急外来受診数は増加の一途をたどっており、意識障害や身体機能障害を伴い、予備力の低下した患者様が大変多くなっています。疾患を複数お持ちの方や、原因が絞りきれない患者様が増大しており、診断に対して、病院の総合力が問われております。当院では、バランスの良い科の構成で、多くの疾患に対応しています。
 高齢者といえども、お元気な方が増え、また、内視鏡手術を初めとして侵襲度の低い手術方法が開発されてきたために、以前では考えられなかったような80歳、90歳の高齢者においても手術が可能となりました。当院では5名の麻酔科医、迅速検査可能な病理医、Intervention可能な放射線科医がおり、緊急対応を含め、より安全な治療を行う体制を整えております。

B 産科・小児科の充実
 地域の産婦人科小児科病棟の不足の解消のため、平成25年度に新たに新病棟を作り、外来と入院病棟が一体になった、最新の産婦人科小児科病棟をオープンさせました。最新設備を備え、アメニティを充実させており、皆様に大変ご好評をいただいております。講演会やインターネットを利用して情報発信を行っております。

C 研修指定病院の役割
 医師不足に千葉県において、優秀な医師を集め、その教育を行うことは、地域医療の社会貢献として非常に重要であり、当院も2005年より臨床研修指定病院として若い医師の育成に努めてまいりました。平成26年度は延べ10名、平成27年度は延べ18名の医師が研修に励んでいます。研修医が集まることは、その病院の活動性が高く、質の高い医療、良い研修を行っている証明でもあります。平成28年度は新たに7名の研修医を採用しています。今後も多くの研修医が優秀な医師に育つよう、教育を行ってまいります。

D 病院としての質の向上
 病院のクオリティはなかなか外からはわかりません。当院は医療の質の向上に日々努めておりますが、外部からの保障や医療内容を開示することも必要であると考えております。年報はその一つの手段ですが、その他に、2005年度より継続している日本医療機能評価機構(3rdG:Ver.1.0)の認定更新や、全日本民医連の医療の質の向上・公開推進事業におけるquality indicatorへの参加(2012年度より)、千葉県癌診療連携拠点病院機能強化事業における、がん医療の質向上に関する研究の参加(2012年度より)、厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業(JANIS)への参加(2014年度より)等、積極的に外部評価を受けております。患者様のアンケートも毎年行い、ホームページ上への公開や院内での掲示をしております。従来通り、内科外科をはじめ、多くの学会認定施設も収得しております。引き続き、病院の質の向上を図るとともに、わかりやすい情報を公開してゆきます。

 当院は、野田市を中心とした東葛北部地域の基幹病院としての責任を果たし、今後も地域貢献と医療の質の向上を続け、常に進化する病院を目指してまいります。引き続き、宜しくご指導、ご協力をお願い申し上げます。




医療法人社団 圭春会 小張総合病院・小張総合クリニック / 〒278-8501 千葉県野田市横内29-1 電話:04-7124-6666 (代表)