千葉県野田市:小張総合病院・小張総合クリニック
 
個人情報保護方針 サイトマップ
ホーム
診療案内
小張総合病院
小張総合クリニック
診療担当医表
休診・代診情報
教室・講座のご案内
臨床研修
入院のご案内
地域医療連携
フロア案内
人間ドックのご案内
検診のご案内
診療部門紹介
交通案内
ご意見・お問い合せ
求人案内
リンク

(財)日本医療機能評価機構
(財)日本医療機能評価機構
認定病院

【後期研修プログラム 外科】

1.前半(3年目〜4年目)
 手術症例について、必要な術前検査のプランを組み、手術適応、合併症を評価し術前カンファレンスでプレゼンテーションを行う。また緻密な周術期管理により術後合併症の早期診断に努める。指導医のもと、超音波検査、上部下部内視鏡検査、各種透視検査を行う。救急外来では急性腹症や外傷など外科的緊急疾患の診断、治療を行う。手術は、虫垂切除術、ヘルニア、痔核、胃瘻造設術(腹腔鏡下)胆嚢摘出術、乳房切断術、胃腸吻合術、消化管潰瘍穿孔手術、人工肛門造設、閉鎖術、幽門側胃切除術、結腸切除術などの習得を目標とする。
2.後半(4年目〜5年目)
 手術症例の術前検査、合併症の評価、術後管理などを研修医を指導しながら行う。周術期管理や他科からのコンサルトに対する対応、患者、家族への病状説明を主体的に行う。担当症例の術前検査(内視鏡、透視など)を自ら行い結果を評価する。また指導医のもと治療的内視鏡(EMR、polypectomyなど)を行う。希望があれば6ヶ月〜1年程度の院内で心臓血管外科、呼吸器外科の研修も可能です。
 手術は総胆管結石手術、胃全摘術、肝部分切除術、膵体尾部術、脾臓摘出術、低位前方切除術、腹会陰式直腸切断術などの習得を目標とする。

3.専門医
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本乳癌学会、日本消化器内視鏡学会等の専門医を取得可能です。
前のページに戻る ページ上部へ


医療法人社団 圭春会 小張総合病院・小張総合クリニック / 〒278-8501 千葉県野田市横内29-1 電話:04-7124-6666 (代表)